vioライン脱毛

どこまで処理をしたらいい?デリケートな部分だからこそ判断に迷うVIOゾーン

脱毛 デリケートゾーン
スネやワキ、口周りに腕。おなかに背中、それからえりあし。こういうところのムダ毛の悩みというのは、気軽に周囲の人に聞くことができます。喫茶店などで話すのは少々はばかられますが、「お泊まり会」やちょっとした飲み屋ならば会話に出すこともできるでしょう。

 

ですがVIOゾーンはそうではありません。

 

V(ビキニライン)I(Iライン。性器周り)O(肛門周り)ゾーンは「性」と直結するところですし、やはり「恥ずかしい」という気持ちが先にたつもの。

 

下ネタのような扱いになりますから、たとえセックスの話が出来る相手であっても、ムダ毛の話はできない、という人も多いのではないでしょうか。

 

だからこそ、この部分の処理にはみんな迷います。

  • 「みんなに比べて私の毛は濃くない?」
  • 「本当はみんな処理方法を知っていて、私だけ知らないんじゃないの?」
  • 「他の人に比べておかしくないかな?」

そう頭を悩ませながらも、誰に聞くこともできないものです。

 

評価の高い脱毛サロンなら 脱毛サロン ミュゼプラチナム

答えはありません。可能ならパートナーと相談を

 

エッチのときに気になるムダ毛
ワキなどの処理と違い、VIOゾーンの処理の好みには個人差が色濃くでます。まったく手入れをしていない自然な状態を好む人から、Vラインだけ処理してほしい人、Oラインが残っていると幻滅だという人、全部綺麗に脱毛してほしい人…。

 

一概に「これが正解」とは言えないので、可能ならばパートナーと話し合いましょう。

 

それがまだ難しい段階ならば、ショーツからはみ出している部分だけをそります。そして三角形の部分は、軽く漉きましょう。そういうグッズも出ています。

 

ワキ脱毛通い放題 脱毛サロン ミュゼプラチナム