抑毛ローション ランキング

抑毛ローション徹底比較!それぞれのメリットデメリット、お教えします

コントロールジェルME

アンジェリカブラジリアンワックス寸評:抑毛ローションとしては非常に長い17年の歴史に裏打ちされた、信頼と実績がある。

 

 公式サイトへ

【メリット】
肌荒れの報告はなし!美容液としての効果も非常に高く、これが目的で使う人も。
さらさらしたつけ心地はベタつかず、臭いに関してもほとんど悪評がない。
子供にも使える安心の成分を配合しており、顧客を大事にする企業姿勢にも高い評価を
与えることができる。丁寧なQ&Aも嬉しい。

 

【デメリット】
価格が非常に高い!安いものの倍以上、2番目に高いパイナップル豆乳ローションと比較しても、
4割程度割高。1ヶ月200ml使おうとすると、1年で10万円を超えてしまうので、
リーズナブルなエステでの全身脱毛6回を受けられる金額になってしまう。

 

今のムダ毛処理で満足していますか?  ムダ毛を自然に薄くする話題の抑毛ジェル

プレミアムビューティースキン

 

寸評:総合特得点は真ん中程度。効果ではなく、つけ心地の評価が、
「べたつかない。快適」と、「まとわりついて気持ち悪い」の二極化する少々珍しい商品。

 

【メリット】
刺激臭がまったくせず、ほのかに香るグレープフルーツの香りがプレミアムビューティースキンの魅力。
臭いに関する悪い評価は一切なし。

 

【デメリット】
価格設定に不明瞭な部分が多く、いつも「キャンペーン」をやっているが、大幅なダンピングのため、
「ダンピング後の価格が適正価格では?」との疑いを持ってしまう。
企業姿勢に疑問あり。

 

プレミアムビューティースキン

プレミアムな使用感 プレミアムビューティースキン

パイナップル豆乳ローション

 

寸評:除毛クリームで有名な鈴木ハーブ研究所のもの

 

【メリット】
豆乳×パイナップルという王道の組み合わせでありながら、類似商品をよせつけない
効果がある。

 

【デメリット】
やや高く、人によっては「まったく効果がなかった」という人もいる。

 

豆乳ローション

自宅でできるムダ毛処理 パイナップル豆乳ローション